Greeting社長挨拶

社長挨拶

リピート通販向け商品(化粧品、サプリメント等)の商品開発(OEM)を担う会社としてライフェックスを設立し、エンドユーザー様の顧客満足を得られる商品を提供したいという想いでクライアント企業様(主に通販企業)と共に歩みをスタートいたしました。

設立当初より様々な方からのご紹介やご評価を頂き、少しずつクライアント企業様も増え、いろいろな商品を産み出すことが出来るようになりました。
商品のOEMメーカーとしての我々は全ての商品に対し全身全霊で開発を行います。全ての商品に商品価値としてのパフォーマンスを最大限に引き出しますが、全ての商品が喜ばしい売上になるわけではなく、現実は売れる商品もあれば、売れない商品もある。そんな葛藤と日々戦っていました。

設立から1年が過ぎた頃、クライアント企業様より売上低迷と資金不足により、会社の経営が悪化し今後の継続が難しいという連絡が突然入りました。閉鎖に向けての相談を受ける中である想いが生まれました。
〝この会社を再生してみたい!〟
日々の葛藤との中で芽生えた“売れる商品”と“売れない商品”の違いは何なのか!?というマーケティングへの興味関心がこの想いへとつながりました。

私を含めた設立メンバーの数名は、以前まで総合通販のベルーナという大手通販企業で働いていました。通販リテラシーは多少あるつもりでしたが、通販の経営を川上から川下までを一貫してワンストップで運用することは初めてでした。
とにかく多くの失敗を繰り返しました。1勝9敗の勝率から徐々に勝率を上げ、赤字経営の通販企業を何とか1年をかけて黒字経営にV字回復することができるようになりました。この時の経験の中で1つの経営指針が生まれました。

『4つの戦略と4つの仕組み』

このトライ&エラーの連続から生まれた『4つの戦略と4つの仕組み』をOEMのクライアント企業様に提供し始めたのが、新たな「通販ソリューション事業」と「通販システム事業」のきっかけでした。
個人的には“コンサルティング”という言葉はあまり好きではありません。クライアント企業様、パートナー企業様、お客様、通販でつながる全ての人が笑顔になれれば、という設立当初からの想いを実現させる為に通販企業様のサポートを目的とした「通販ソリューション」、「通販システム」のサービスも展開させて頂くことになりました。

自社での通販事業の経験とクライアント企業様での実績を踏まえ、弊社の全ての事業/サービスにおいて『4つの戦略と4つの仕組み』という指針もとサポート及びコンサルティングをさせて頂いております。

工藤一朗
    

1980年生まれ、大学卒業後、総合通販の株式会社ベルーナに入社。入社初年度から各セクションにて売上No.1を記録。売上トップ社員に贈られる 「年間MVP」「社長賞」などを多数受賞。 20代で東証一部上場企業の役職に就き、各メディアにも掲載される。 支店長、エリアマネージャー、営業部長を経て退社。 その後プラネットグループ子会社の取締役に就任、ライフェックスを設立し、 一貫して通販・ダイレクトマーケティングに従事する。

株式会社ライフェックス
代表取締役社長 工藤一朗

工藤一朗